売買物件の買付タイミング

2017年02月06日

先日とあるエリアで建売住宅が新着で募集になりました。

 

弊社のお客様でかなり狭い範囲でお探しの方がいらっしゃったのですが、新築の建売でまだ建築中なのですがご条件にピッタリの為現場に連絡を取り建築段階で内覧に行きました。

 

エリア相場的にも適正価格でむしろ建物の質でいくと建売住宅としてはかなり上質の物件。

 

お客様も私もテンションUP。購入の意志がかなり高まっていました。

 

しかしながらもう少しだけ出来上がってから見てみたい。本当に購入できるか資金やランニングのシュミレーションをしたいとのことで少し考えるとの事でした。

 

かなり良い物件なので取られちゃう可能性が高い事も考慮して下さいとお伝えし、数日検討することに。

 

するとどうでしょう。。。

 

売主様から地方から来る方で電話問い合わせの段階で「もう買います!」という方が1組現れたとの事で連絡が来ました。

 

無念な結果です(T_T)

 

そのお客様が実際に内覧に来てすぐに正式に買付となり、弊社のお客様も購入したいとの事でしたが2番手となってしまいました。。。

 

大きな買い物ですのでもちろん悩むのが普通です。当たり前の話しですのでお客さんは全く悪くないです。

 

不動産は本当にタイミングですよね・・・

 

それまではまだ建築中なのでそんなに問い合わせもなく私達が1番手の内覧だったようです。

 

こういった悔しい思いをしないためにもできることは。

 

1:資金計画や月々の支払いなどをシュミレーションしてこの価格内でコレというものがでたらすぐに決める!という設定を決めておく

 

2:自分が良いと思うものは他人も良いと思う という心理を理解しておく

 

などが必要かと思います。

 

実際こういう悔しい思いをして、次の検討材料につなげて購入する方も多いですからね(笑)

 

無理強いをしたり急かす営業は弊社のモットーに反するためしません!!

 

ですので今後はいざという時に少しでもお客様が判断を早めることができるようにもっとこういったケースも事前にお客様に説明していこうと思います。

 

反省も兼ねて

 

ブログをしたためました・・・(T_T)

 

札幌の賃貸・売買・不動産はセンチュリー21スリーアール