内装工事の見積もり

2017年02月07日

弊社では札幌市の同業他社の不動産会社様から管理されている賃貸物件の原状回復工事やリフォームをご依頼いただき、自社の職人にて施工するという事業を行なっています。

 

もちろん弊社の自社管理物件も施工しているのですが、今日は他社様からご依頼いただいた物件を3件程見積もりに行ってきました。

 

賃貸物件の原状回復工事で一番スタンダードなのは壁紙(クロス)の張替えと床(クッションフロア)の工事になります。

 

その2点を変えるだけでも空室の見栄えはがらりと変わり成約率が高くなります。

 

真新しいクロスが白く輝き、未使用の床はご案内時のお客様の反応も良いですしね。

 

更に競合物件がひしめき合う札幌の賃貸市場では類似物件と差をつけるための細かなポイントが重要となります。

 

壁紙一つにしてもリビングの一面をアクセントクロス(色や模様のあるもの)に変えてみたり

 

キッチンの交換まではしなくても蛇口をシングルレバーの混合栓に変更してみたり

 

和室を洋室へ工事してクッションフロアを貼ったり

 

古くなった建具(ドアなど)を変えてみたり

 

TVモニターホンを設置してみたり

 

古めかしい電気のスイッチを今風のものに交換してみたり

 

様々なリフォーム工事で物件に付加価値を付け競合物件よりも人気のある物件にするための努力を各社様が行われています。

 

安価で効果のあるリフォーム術は沢山あります。

 

オーナーがご自分で作業できるレベルのもので空室対策に繋がるものもあります。

 

休みの日にホームセンターへ走り、材料を買ってご自分で作業する・・

 

賃貸物件のオーナー様はそんな休みの使い方も楽しいかもしれませんよ??

 

効果のあるリフォーム術が知りたい場合は是非弊社にご相談下さい☆

 

札幌の賃貸・売買・不動産はセンチュリー21スリーアール