ご売却の流れ

ご売却の流れ

不動産のご売却からご契約、引渡しまでの一般的で基本的な流れをご紹介します。

まずは不動産売却相談

不動産のご売却は、ローンが残っている場合、ご売却のスケジュールに制限がある場合、お住み替えを検討されている場合、など事情によって、最適な方法が変わってきます。売主様の状況にあったご売却方法をご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

ご希望の希望条件をお聞かせください

まずはご売却の時期やご希望の価格など、お客様のご希望を遠慮なくお聞かせください。 豊富な経験と実績を持った営業スタッフが誠意を持って対応いたします。

 

こんな時にもお気軽にご相談ください

とりあえずどの位で売れるのか。将来的なプランを作成したいので、現在の資産価値を把握しておきたい。 など、今すぐにご売却する予定のないお客様にも、コンサルティング業務を行っています。

矢印下

次に査定の申込依頼

不動産売却の第一歩は、ご所有の不動産がいくら位で売れるかを知ることから始まります。売却金額の目安が分かると、次の計画を具体的に進めることができますので、売却や買い替えの計画をはじめたばかりのお客様も、まずは査定を依頼してみましょう。

 

簡易査定

不動産の所在地を確認し、周辺取引事例の調査を致します。周辺環境や市場動向、顧客動向等も考慮し、机上にて価格を算出します。

建物の延床面積や地積(土地の面積)をご提示いただけるとより正確に価格を算出することができます。

 

現地査定

実際にご所有の不動産を拝見し、室内や設備まで詳細な確認をいたします。 机上査定よりも精度の高い価格を算出することできますので、媒介契約を締結するには現地査定が欠かせません。場合によっては売却前の内装工事の必要性などもご説明させていただきます。

矢印下

非常に重要です!不動産の現地調査

ご所有の不動産について、室内や設備・日照・眺望等の状況も詳細に拝見し、お客様のお話や建築確認書・権利関係、売り出し事例・成約事例の調査を入念に行います。より正確な価格を算出するため、細かいことでも営業スタッフにお伝えください。

 

ご売却物件の調査(無料)

市場動向や周辺の取引事例などを総合的に考慮し、経験豊富なスタッフがお客様の大切な不動産の売り出し価格のアドバイスをいたします。その際、ご売却物件をご購入された時のパンフレットや権利証、建築確認書など、なるべく具体的な内容が記入されているものをご用意ください。他社様にも査定を頼まれている方や現在既に募集をお願いしている方でもお気軽にご相談下さい。

 

物件価格のご提案

総合的な調査の結果をもとに、通常は3ヶ月以内で売却できると考えられる価格をご提案いたします。 実際のご売却活動時の表示価格としてお出しする「売り出し価格」については、お客様のご都合等を考慮し、なるべくご希望にそった売却プログラムをお作りいたしますので、安心してお任せください。

矢印下

いよいよ正式に売却の依頼です!媒介契約の締結

売却を依頼する場合「媒介契約」を結び、売り出し価格を決定します。 査定価格がご希望される価格より低い場合でも、なるべくご希望に添えるようご希望価格に沿った販売活動をご提案いたします。この媒介契約が、お客様からの正式な売却依頼となります。

 

(1)専属専任媒介(2)専任媒介

1社の不動産業者にのみ仲介を依頼する契約です。この契約を結ぶと、依頼を受けた不動産業者は売買を行う相手を積極的に探す努力と、その業務処理状況を報告する義務があります。特に売却依頼の場合、指定流通機構への登録、新聞折り込み広告等の媒体への優先的な掲載など、売主様に有利な売却活動を受けることができます。

 

(3)一般媒介契約

複数の不動産業者に重ねて仲介を依頼できる契約です。お客様(売主様)が媒介契約を結ばれている他の不動産業者を明示する「明示型」と明らかにしない「非明示型」があります。

矢印下

販売活動・活動報告

大切なお客様の不動産をご希望に沿う形でご売却できるよう、弊社では地域密着の独自のネットワークを活かし、様々な売却活動を行っています。また、ご売却物件に対する問い合わせ状況や反応、広告などを含めた売却活動の経過報告を行います。

 

経過報告とお客様の物件のご案内

どのような広告媒体を利用して営業活動を行っているか。 また、それに対する問い合わせ状況や反応など、売却活動の経過報告を定期的に行います。(報告回数・内容・方法等は媒介契約の種類によって異なります)見学を希望される方が見つかった場合は、ご都合に合わせてお住まいを見せていただきますので、ご協力をお願いいたします。

 

売却活動の一例

センチュリー21の不動産総合情報サイトへの掲載

来店、既存のお客様へのご紹介

新聞折込チラシの配布

アットホームなど不動産ポータルサイトへの掲載

各種不動産情報誌への掲載

指定流通機構(レインズ)への登録 など

矢印下

いよいよです! 売買契約の締結

お客様と買主様が売買条件で合意すると、諸条件を充分に確認した上で、不動産売買契約を締結します。売買契約の際は、ご不明な点がなくなるまでご説明いたします。登記簿の内容と違いがないか、などしっかりご確認ください。

 

購入希望者(買主様)が決まったら

権利証・登記識別情報(買主様に提示)

実印、印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)

管理規約書、建築確認通知書等

固定資産税納付書

印紙代(売買金額によって異なります)

仲介手数料の半額 (媒介契約の支払条件により異なります。別途消費税および地方消費税がかかります。)

委任状(ご本人の自署と実印を押印)

ご本人の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)

代理人の実印

代理人の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)

 

ご注意事項

不動産売買契約の締結後は、お客様には所有権移転登記申請、物件引渡しなどの義務が発生します。また、契約書に記載された条文に基づいてお互いの権利や義務を履行しなければならず、違反した場合の罰則もありますので、ご不明点などはスタッフにお申し出ください。

トラブルを防ぐために口頭での約束は避け、大切な事項はすべて書面で内容を確認するようにしましょう。

また、ご不明な点や不審点がある場合は、勝手に解釈したりうやむやにしたりせず、必ず店舗の営業スタッフにご質問ください。

矢印下

寂しさもあるかもしれませんが・・お引渡しの準備です

残代金の受領日までに、引越しや公共料金の清算などを済ませ、買主様へ引渡せる状態にします。引渡しは契約内容通りに行なう必要があるので、引渡しと引越しのスケジュールをしっかり確認しておくことが大切です。

 

残金の受領日までに引越しを済ませます

残金の受領と物件の引渡しは同時に行われます。従って、受領日までに引越しを済ませておかなくてはなりません。引越しが終わりましたら、公共料金(電気・ガス・水道料金等)の清算を行い、建築確認書、付帯設備の説明書、パンフレット等をご用意ください。また、マンションの場合、管理規約もご用意ください。お引渡し前の室内清掃業者の手配や提携お引越し業者のご紹介も可能です。

 

抵当権の抹消

ご売却物件に住宅ローンやその他の抵当権等が付いている場合、その残債務を清算して抵当権を抹消しておく必要があります。登記抹消手続きは司法書士が代行しますので、必要書類をご用意ください。

 

安心してお任せください

特に買い替えの際は、売却代金を購入資金にあてる場合もあり、その場合は、一時的に仮住まいをしたり、買主様の入居のスケジュールを調整するなど、色々な調整が必要になります。 仮住まいの費用算出や各種調整については、センチュリー21スリーアールのスタッフがお客様のご都合に合わせてサポートし、万全な引き渡しを行いますので、安心してお任せください。

矢印下

感無量です!引渡し・残代金の決済

残金を受け取り登記の申請が済むと、物件のお引渡しです。契約に定めた内容で物件の引渡しを行ないますので、物件の状況を改めて確認しておきましょう。 ご売却後の確定申告なども、お気軽にご相談ください。

 

残金受領時の内容

■登記の申請書類の確認

所有権移転登記の申請を司法書士に依頼します。抵当権抹消登記がある場合は、登記費用をお支払いいただきます。

■残金の受領

残金を受け取って領収書を発行していただきます。

■固定資産税等の清算

引渡し日までの金額を日割りで計算し、清算金を受け取ります。

■関係書類の引渡し

管理規約やパンフレット、付帯設備の保証書など関係書類をまとめて買主様に引渡します。

■カギのお引渡し

買主様にカギをすべてお渡しします。

■諸費用の精算

仲介手数料などの諸費用をお支払いいただきます。

 

 

残金受領時にお客様(売主様)にご用意いただくもの

権利証(登記済証)又は登記識別情報
所有不動産の内容確認、および所有権の移転登記時に必要です

実印
共有者がいる場合は、共有者分も必要です

印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
共有者がいる場合は、共有者分も必要です

固定資産税納付書

住民票と登記上の住所が異なる場合。共有者がいる場合は共有者分も必要です

電気・ガス・水道等清算領収書

その他にも書類が必要になる場合もありますが、事前に営業スタッフより、詳しく説明させていただきます。

売主様は、買主様より残金を受領して、買主様にご売却物件のカギを引渡し、取引は終了です。

 

売却をご希望の方に戻る

TOPに戻る