街情報:清田区の特徴

北海道札幌市清田区のタウン情報とおすすめポイントはこちら!

札幌市の南東部に位置し、北広島市、恵庭市に隣接しており東西5.5km、南北15.2kmと、細長い形をしています。

区域は樽前山、恵庭岳などの噴火によってできた月寒台地の一部で、区の3分の2を丘陵地と山林が占める程、自然環境の豊かなエリアです。

特に、区の南西部に位置する標高321mの白旗山は市内最大の市有林を持ち、清田区のシンボル的な存在として親しまれています。

ここでは、競技場やサッカーグランド、ふれあいの森などの巨大施設が整備されている他、風光明媚な自然観賞スポットとしても人気を集めています。

一方、北側の市街地では、国道36号線が区を横断する形で通っており、札幌市の東の玄関口としての役割を担っています。

緑地、公園といった住宅地にふさわしい環境に富み、ゆとりのあるベッドタウンを形成しています。

 

賃貸物件は主にファミリータイプが多く、単身物件もあるが地下鉄にやや近い住所の北野エリア側に多く見られる。

公共交通機関が少ないエリアな為駐車場2台可能など敷地の広い物件が多い。

主に戸建が中心のエリアで賃貸需要よりも売買需要の比率が高いエリアである。

 

一覧に戻る

TOPに戻る