街情報:南区の特徴

北海道札幌市南区のタウン情報とおすすめポイントはこちら!

定山渓温泉を筆頭に豊平峡温泉、小金湯温泉、さらには国営滝野すずらん丘陵公園、藤野屋外スポーツ施設(フッズ)、そして各地にスキー場が点在しているなど、温泉街や大規模なレジャー施設を目当てに多くの観光客が訪れています。産業面では、果樹栽培が盛んで、特に観光果樹園を営む農家が多く見られます。

 

札幌市の中央部から南西にかけた広大な区域を持ち、市域のおよそ60%の面積を占めます。

その大半が支笏洞爺国立公園内にあり、標高1,000mを超える山々が連なっています。

市街地は中央区や豊平区に近い北部エリアに広がり、主に住宅地を形成しています。

その南には自然遊歩道やスキー場、展望台などが整備されている藻岩山がそびえ、住宅エリアから近いこともあって大勢の市民から親しまれています。

 

やはり一般的なイメージは真駒内(アリーナ)・定山渓温泉が強い区ではないでしょうか?自然のイメージが強い区だと思います。

一方で澄川駅は札幌大学へ通う学生で賑わうエリアで賃貸需要も高いエリアとなっています。

 

一覧に戻る

TOPに戻る