街情報:手稲区の特徴

北海道札幌市手稲区のタウン情報とおすすめポイントはこちら!

札幌市の北西部に位置し、石狩湾までわずかな距離にあります。西側に標高1,000mを超える雄大な手稲山がそびえ、市内でも屈指の自然環境を誇ります。

その手稲山には自然歩道が整備され、山頂は石狩平野も望める絶好のビューポイントとなっている他、山菜採りやハイキング、スキーなど四季を通じて人々が訪れるレジャースポットとしても人気を博しています。市街地は手稲山の麓の平野部に形成されており、JR函館本線沿線の曙地区や新発寒地区で大規模な団地が建てられている他、明日風地区は新興住宅地として発展しています。

東西の大動脈である下手稲通りは大型のスーパーや飲食店、ショッピングモール、ホームセンターなどが立ち並び一度車に乗れば全く不便をしない利便性の高さがあるのも手稲の特徴です。

都心部から離れているため静かな住宅街というイメージも大きいですが、実際にはJR手稲駅を中心に栄える利便性の高いエリアです。

 

賃貸需要は主にファミリータイプが多く、実際に車を所有しているファミリー世帯の入居率が圧倒的に高いです。またマンションよりも木造アパートの比率が圧倒的に高いのも特徴です。

 

一覧に戻る

TOPに戻る